しょうゆだんご風ぼた餅

おくずかけと同じく、お彼岸にはなくてはならない『ぼた餅』。 でも、いつもの小豆あんやゴマでは、ちょっと物足りないという方[…続きを読む]

菜の花のおひたし

菜の花は、あぶら菜の花が咲いたもので、つぼみの小さいものがおいしく、冬から春までが旬。今では西洋あぶら菜、小松菜、しゃく[…続きを読む]

たけのこご飯

竹の子の季節は、三〜五月。その間なら、何度採っても、また生えてくるユニークな特性があります。 しかし、逆に掘らずに放って[…続きを読む]

若竹煮

竹の子は三月〜五月が旬。その淡白な味、歯ざわりは日本人に好まれ旬を待ちかねて食べる好物のひとつです。 掘って二日以上経つ[…続きを読む]

春の山菜の天ぷら

雪が解け春の山菜たちが出まわる季節。 ふきのとう、たけのこ、タラの芽などをつかって春の天ぷらはいかがでしょう。 カラッと[…続きを読む]

タラの芽の天丼

山菜の種類をよく知らない方でも、タラの芽ならご存知のはず。 天ぷらにするのが最もおいしく、今日はあつあつのご飯にのせて天[…続きを読む]

あさりのお吸物

潮干狩りでおなじみのあさりは今が旬。潮干狩り場では週末になるとご家族連れで大にぎわい。 採ってきたあさりは、薄めの塩水に[…続きを読む]

さよりのから揚げ

桜の季節が、身も厚く太っておいしいといわれる「さより」は今が旬。長く突き出た下あごの先があかね色で見るからにキレイな魚で[…続きを読む]

お花見弁当

満開の桜の下で行われるお花見。これは日本の風物詩です。 お花見弁当にもだい久そばつゆ。だしがきいて、天ぷら、焼き魚、おひ[…続きを読む]

お弁当のおそば

そばはそばでも、お弁当のおそばに。 おしょうゆがわりに、だい久そばつゆをどうぞ。だしが効いて香りたっぷり、塩分控えめで、[…続きを読む]

かつおのたたき

「目に青葉、山ほととぎす初がつお」江戸時代、緑鮮やかな季節になると初物好きで見栄っぱりの江戸っ子は、「女房を質に入れても[…続きを読む]

なすのバター焼き

中華、イタリアン、漬物、味噌汁等どんな料理にも合う「なす」。 東南アジアでは白なす、アメリカ、アジアには黄色やオレンジ色[…続きを読む]

アユのホイル焼き

仙台の広瀬川のアユ釣りは、七月一日解禁。 釣ったばかりのアユをその場で塩焼きにするのも格別ですが……ちょっとひと工夫。だ[…続きを読む]

きすの天ぷら

きす・キス・鱚………響きの美しいこの魚は今が旬。「六月のきすは絵に描いてでも食え」というほど馴染み深い魚なのに今では国産[…続きを読む]

ドレッシング

最近、家庭でつくるドレッシングの人気は、しょうゆをベースにした和風や中華風。 はじめから調味されているだい久そばつゆなら[…続きを読む]

きゅうりの浅漬け

塩分ひかえめで、新鮮な野菜の持ち味をいかした浅漬け。漬物を敬遠する若者や子供たちにも人気です。 でも、うす塩なので、保存[…続きを読む]

お刺身

梅雨に入って大きく葉を広げ始めた「しそ」。お刺身には欠かせない名脇役です。 この「しそ」はアジアン・ハーブといわれ、カロ[…続きを読む]

すずきの中華風

夏魚といえばまず「すずき」。風格といい、夏を代表する魚です。行動範囲が広く海と川の両方を行ったり来たりして育ちます。 幼[…続きを読む]

きんぴらごぼう

日本へは、中国から薬用としてやってきた「ごぼう」。 この時期のごぼうは、秋に出まわるものより長さは短く、皮も薄く、手軽に[…続きを読む]

なすのはさみ揚げ

煮る、焼く、揚げる、そしてお味噌汁の実と、夏の食卓に欠かせない「なす」。 特に、油との相性が良くて、魚のすり身やひき肉と[…続きを読む]

いかそうめん

日本人が最もよく食べる魚介類の一つに「いか」があげられます。 いかの種類は数多くありますが、中でもダントツ人気が「するめ[…続きを読む]

麦切り

じりじりと暑い夏が続きます。食欲がなくても食べたくなるのが麺類ですね。 そんな時は、山形名物の「麦切り」はいかがですか。[…続きを読む]

オクラ

オクラの原産地はアフリカ。 暑さに強い野菜でアフリカのサバンナでは、毎日の食卓に欠かせないものだとか。日本に入ってきたの[…続きを読む]

鰻の蒲焼き

鰻はいったん川を登り始めると、どんな障害があってもそれを乗り越えて前進していくそうです。 特に稚魚は向流性が強く、一説に[…続きを読む]

鶏の照り焼き

鶏肉は、名古屋コーチンと薩摩軍鶏が高級肉として有名です。 ふだん食べている鶏肉の産地は国産が主流です。次いでブラジルやア[…続きを読む]

ゆで豚のニンニクソース

もうすぐ、本格的な夏。奥様にとっては、ご主人やお子様の夏バテが気になる季節です。まずは食卓から、夏のスタミナづくりを心が[…続きを読む]

枝豆豆腐

肉や魚を一切用いないことから、どうしても粗食になりがちな精進料理。でも、限られた素材でも、工夫次第でごちそう感は演出でき[…続きを読む]

冷奴

はじめて豆腐がつくられたのは、平清盛の時代。当時の豆腐は、水分が少ないため、硬くて縄で縛られるほどだったとか。 いま現在[…続きを読む]

このしろの酢の物

まだまだ暑い日が続きます。「夏バテしないように、しっかり食べるぞ」と頑張ってはみても、食欲は減退ぎみ。この時期、さっぱり[…続きを読む]

塩鮭と青じそのスパゲッティ

スパゲッティは、いわば西洋の麺。日本のおそばやうどんと、同じ仲間と言えるかも。そこでだい久そばつゆを使って、人気の和風ス[…続きを読む]

かぼちゃのお好みづめ

最高気温四十度を超える国カンボジアから伝わったといわれる「かぼちゃ」。 日本では冬至にも食べますが、れっきとした夏の野菜[…続きを読む]

いわしのつみれ汁

「いわし七度洗えば鯛の味」ということわざがあります。生臭い、いわしも頭と内臓をきれいに取って水洗いを充分にすると、どんな[…続きを読む]

ホヤの竜田揚げ

大好物という方と、全くダメという方の二通りに大きく分かれてしまうのが、三陸の珍味「ホヤ」。 原因はあのクセのある独特の味[…続きを読む]

しいたけのホイル焼き

秋は美味しいものが盛りだくさん。秋の味覚の王様といえば何といってもきのこですね。 日本人が最も口にするきのこといわれてい[…続きを読む]

おくずかけ

お盆や彼岸の精進料理に欠かせない『おくずかけ』。古くからふるさとの味として、それぞれの家庭で受け継がれてきました。 だい[…続きを読む]

きのこ豆腐のあんかけ

「味覚の秋」といわれるほど、秋はおいしいものが盛り沢山。「我こそは、秋を代表する味覚」と、強敵たちがひしめき合っています[…続きを読む]

さんまのたたき茶漬

前回に続いて、味覚の秋場所「きのこ」と「さんま」の両横綱の取り組み。今回は、さんまの出番。 漁師料理の「さんまのたたき茶[…続きを読む]

バーベキュー

とうもろこしは、米、小麦と並んで世界の三大穀物の一つです。そして、粉、コーン油、コーンスターチなど用途は広くウイスキーの[…続きを読む]

鮭のあら汁

鮭は、捨てるところのない経済的な魚です。卵はイクラや筋子、内臓は塩辛、頭部は氷頭なますに。そして、残りはまとめて「あら汁[…続きを読む]

肉じゃが

じゃが芋が主役の「肉じゃが」。 丸型でゴロッとした男爵を使うか、俵型のメークインを使うかにより肉じゃがの仕上がりに大きな[…続きを読む]

和風おろしステーキ

牛肉といえば、ステーキ。 ただ素材を焼いただけのこのメニューは、素材の善し悪しもさる事ながら、味の方向性を決めるソースや[…続きを読む]

はらこめし

鮭が産卵のために川へ戻ってくるこの時期、宮城県の亘理ではあちこちのお店でなが〜い行列を見かけます。 亘理名物はらこめし。[…続きを読む]

さんまの塩焼き

秋もすっかり深まり、さんまが美味しい季節になりました。 今の時期にしか味わえない、脂ののったさんまの塩焼きは最高です。 […続きを読む]

いも煮会

「東北の秋の醍醐味と言ったら何ですか?」とたずねたら、「いも煮会!」と答える方がひょっとしたら多いのではないでしょうか。[…続きを読む]

湯豆腐

ほんの十数年前までは鍋やボールを持って買いに行った豆腐も、いまやほとんどが工場生産のパック入り。でも、また最近手作りの豆[…続きを読む]

カキ鍋

北海道や広島と並び、宮城はカキの名産地。今年も、身のしまった粒よりのカキが食卓をにぎわしています。その名物料理の一つ、「[…続きを読む]

子持がれいのみぞれ煮

かれいは一年中おいしい魚として知られていますが、特にこの時期の子持ちの味は格別。卵の味はもちろん、身も厚く脂がのって、通[…続きを読む]

ふろふき大根

大根は腹にあたらないことから、一向にあたらない役者を大根役者という。しかし、大根ほど、料理に幅広く利用できる野菜はありま[…続きを読む]

鱈ちり鍋

鱈はその字のとおり雪の様な真っ白な身と、淡白で上品な味が特徴的ですが、一方では「たらふく食う」という例えに使われる程の、[…続きを読む]

すき焼き

寒さと共に鍋が恋しくなる季節になりました。寄せ鍋、おでん、湯豆腐…。鍋にもいろいろありますが、やっぱりしもふり肉のすき焼[…続きを読む]

ぶりの照り焼き

日本海の荒波にもまれつつ、「いなだ」、「はまち」と名前を変えて成長してきた「ぶり」は、言わずと知れた出世魚。そう言われて[…続きを読む]

年越そば

今年もおしせまって来ました。 大晦日には除夜の鐘を聞きながら家族揃って年越そばを食べる習慣があります。そばのように腰が強[…続きを読む]

おせち料理

新春を祝い、家族みんなでいただくおせち料理。正月準備は何かと忙しいことと思いますが、できるだけ手作りを心がけたいものです[…続きを読む]

お雑煮

正月と言えばお雑煮ですね。 お雑煮は、もともとは神に捧げた餅と山海の幸を一緒に煮込んだもので、日本各地、餅の形から味付け[…続きを読む]

おろし餅

元旦にはおいしく食べたお餅も、そろそろ食卓から敬遠されがちな頃。お宅でも残りのお餅を何とかしようと、いろいろな食べ方を工[…続きを読む]

カツ丼

「そば屋の丼物はおいしい」という評判をよく耳にします。 そのおいしさの秘密は、そばつゆ。おそば屋さんでは、そばつゆをいろ[…続きを読む]

だい久製品と旬の食材を使った、かんたんオリジナルレシピも公開中です。

だい久「春夏秋冬の味」レシピを見る